HOME PRODUCTS MEISTER QUALITY GUARANTEE LEATHER MATERIAL BLOG CONTACT

レザーガーメンツ

  ▽ レザーチャップス
  ▽ レザーパンツ
  ▽ レザージャケット
  ▽ レザーOTHERS

レザーアイテムズ

  ▽ レザーバッグ
  ▽ レザーOTHERS

クロージング

  ▽ Tシャツ
  ▽ ロングスリーブシャツ
  ▽ ワークシャツ
  ▽ OTHERS

その他

  ▽ メンテナンスグッズ





Leather Jacket Diaries


お久しぶりです。

2021-09-10 by 職人マサキ

 

全てを詳しく書く必要はないと思ったのですが、

それは自分にとっては良き出会いであったし、

 

大量生産ではない作り手の顔が見える、人対人のモノ作りを生業としている以上、

売る商品の背景を語らずして、ハイ安いんでお得ですよ!

という事はやりたくないので、どうぞお読みください。

 

 

今年のはじめからSilvetに新たな若者が加わりました。

 

彫り物だらけ、破れたシャツにメーターやウインカーレスのチョッパー。

 

まずここからか、と思いましたが

 

ハーレーのタンクには手書きの「EVERYDAY試練」

臆せずそれを全面に出せる感性が気に入りました。

 

近頃の若者は、、、なんて言いますが、

元、近頃の若者から見ると、彼らはコミニケーションの手段が多様化しただけで

本質はそんなに変わりません。

プライドが高く凝り固まってる近頃のお年寄りより個人的に大好きです。

 

特殊な技術職でてっぺん獲りたいと思うのであれば、

25歳という年齢はもう若くありません。

半年やって向いてなけりゃ、諦めなさいという条件で採用しました。

 

7か月間週3でミシンを踏ませ、自宅にミシンを貸し出し、

頃合いを見てまずはHAIKAI-BAGを作らせました。

 

当然初期のモノは廃棄レベルでしたが、

ようやく形になり始めた頃

そろそろ最終判断をしなければなりません。

 

小規模少数工房だからこそ一芸に秀でる見込みがないと雇い続けることは出来ないのです。

 

やる気はあっても適性(あくまでもSilvet基準)が見込めない子に

がんばれがんばれあきらめんな!

と尻をたたくのは私の経験上残酷だと思っています。

 

かつて修行先で過去最強の不器用新人と呼ばれた私から見ても手先には難があり、

それは彼の人間性をもってしても補えないと判断しました。


そんな彼の最後に製作したHAIKAI-BAG2個を販売します。

もう彼は在籍していませんが、

そこには原価と人件費がかかり、何よりも当時の彼が一生懸命作ったものを経営者としてはお金に変えなければなりません。

 

クオリティは、お嬢や私が作ったものには及びませんのでディスカウントしての販売となります。

イレギュラーな商品なので

過去お付き合いのあるSilvetのお客様のみを対象とさせていただきますのでご了承ください。

 

お問い合わせは直接お電話にてお願いいたします。




そして余談なのですが、

春夏通じて10年ぶり3回目!

骨折しました。

2回 右初

 

繁忙期なのにお客様、取引先様に心よりお詫びいたします。

2日間の待機は地獄でしたが手術後、翌日退院で早速働いております。

極力大きな穴を空けないようにお嬢に罵られながらも協力してもらいながらやっています。

 

自分にとって何が大事かということを改めて考えることになった骨折でした。

大晦日まで死ぬ気でやります。

関係各位、大変申し訳ございませんでした。

 

 

最後にもうひとつお知らせです。

 

【オーダー受注再開】

オーダー件数過多や良質な馬革の供給難によりストップしていた受注を再開いたします。

しかし馬革使用のオーダーに関しては納期12カ月〜を目安にお願いします。

 

オリジナルステアハイド、栃木レザー、タンニンゴートに関しては納期要お問合せでお願いします。

 

少人数で材料と品質を維持している為、納得して納期をお待ち頂ける方のみお受けしています。

(偉そうな言い方ですいませんが実際そうしないと成り立たないんです、ご理解ください)

 

 

【★メジャー1本革ジャン職人の不定期ドサ回りツアー予定!】

宮城県石巻市、大崎市への出張採寸予定があります。

近隣の方はお気軽にお問い合わせください!

 

 

 




今年もよろしくお願い致します。

2021-01-05 by 職人マサキ



福岡のバンドマンかつ牧のうどん研究家から届いた、

ごぼ天かしわの冷凍セット!


福岡時代は月3くらい食べていた私のというか我が家のソウルフードです。

私は長崎生まれですが、博多っ子の子供たちにとってまさしく故郷の味。

おい子供たち、今、本州で牧のうどん食べてるのウチだけだぞ!という特別感と

心遣いに溺れた年の瀬でした。

ありがとうございました。


昨年は誰しもが忘れられない一年になったのではないでしょうか。

接客メインのサービス業とは言わないまでもSilvetも少なからず影響は受けましたが、

元々、路地裏の泥水職人(笑)

しんどい状況は今まで吐くほど経験してきました。

 

基本、巣ごもり夜行性、徘徊癖アリですので仕事に打ち込むには良い環境だったのかもしれません。

今年は皆様の苦労や我慢の日々が報われる一年になりますように願い、

年始の挨拶とさせていただきます。

本年も宜しくお願い致します。

 

 

年末恒例、お嬢のブログは楽しんでいただけましたでしょうか。

一部心配の声も上がりましたが(笑)

そこはプロレスですから。

 

若い女性にいじられたり罵られたりすることに「けしからん!」となるおじさんが多いのでしょうが、

ま、まじっすか、もっと言ってくださいよ!あざ〜っす。

となる側のおじさんも存在するわけです(笑)

と、新年早々個人的な「ヘキ」を語ってしましましたが、、、

 

お嬢もSilvetに来て2年半

2年で革ジャン縫えるようにしてやるよ!

2年もかかりますかね?が彼女のスタートでした。

元々優秀なバッグ職人だった彼女は有言実行、

3カ月で革ジャンデビューし、今ではSilvetの大黒柱でございます。

 

そして1月末からは

未経験の新人(見習い)が入ります。

この狭い空間でどうやって3人でやりくりしながら育てるのかと試行錯誤しながら年末年始は模様替えしておりました。

 

私が修行させていただいた工場にはカリスマ的な工場長と師匠がいらっしゃいました。

客観的に見ても私が歴代で一番使えない新人だったと思います。

独立を経て、今では革ジャン一本でメシが食えるようになりましたが、

相変わらず褒められてもいまいち調子に乗れないのは、

全てにおいて圧倒的な力の差を見せつけられたこのお二人のせいです(笑)

 

若い職人にとってそういう存在でいなければならないと思う反面、

視力の衰えも顕著な45歳

そろそろ後進の指導に切り替えなければならないという現実とも直面しています。

 

今年はSilvetの仕事を絞りつつも

彼女や彼にたくさん仕事を渡せるように縫製以外の仕事に尽力したいと思います。


最近のオーダーの進捗状況ですが

オリジナルステアハイド(クロムなめし)

栃木レザー

ゴートスキンは順調に入荷していますのでモデルによって異なりますが、

納期は採寸後3カ月程度です

馬革に関しては相変わらず厳しい状況が続いており、馬革使用の新規オーダーに関しては納期未定でお受けしている現状です。



がっつり顔料乗っけて、全ての部位をくまなく使えば、

ありがちなホースハイドライダースジャケットはサクサク出来るんです。

 

しかしそれでは皆様ウチに頼んだ意味がないので、、、

今年も良い馬革を入れれるように関西方面に足繁く通うことになるでしょう。

どうか雑誌に騙されないで(毒)

ご自身の目で馬革を手に取って見てください。

 

一月下旬の九州出張ですが、

キャパオーバーになりそうですので新規のお客様からのご依頼は停止させていただきます。

緊急事態宣言の発令も鑑みて今後の日程は再度個別に連絡させていただきます。

何卒宜しくお願い致します。


相変わらず小さくて納期がかかる革ジャン工房ですが、

メジャーにはない一着に対する細かさと想い入れがインディーズレザージャケット工房の真骨頂です。

本年度も変わらぬご愛顧を宜しくお願い致します。

 

Silvet Leather Garments スタッフ一同

 

 

 

 

 




お嬢のブログ

2020-12-31 by お嬢(28)



皆さまお久しぶりです。シルベットの職人お嬢です。

このブログをかくのも3回目となりました。とはいっても特に思い入れはありません(笑)

 

今年は大変な年でしたが、ありがたいことに仕事は途切れることはなかったです。

私としては、短い職人人生で一番革ジャンを作った充実した年でした。私としては、、、、。

 

誰かさんは、お昼過ぎに起きてきたと思ったら、

犬の散歩に行き、2時間ほど帰ってきません。

帰ってきても、犬についたくっつき虫をとるのにまた1時間。

便所に30分。

日曜日はラグビースクールで汗を流し、

口を開けば、ラグビーとはどーのこーの、

スクールウォーズを見ろとか、

最近筋肉がついてきて服がきつい、やはり筋肉は覚えているんだよ!とか

オチもない犬の話…どうでもいいです。

どうでもいいから仕事をしろ〜

 

まあ私は1人の方が快適に働けるのでいいのですが、

最近の磯川さんは老眼になったり、よく探し物をしてるので不安になります。

しっかりして!

 

あと、もう人妻なので、モーニングコールさせるのも勘弁して欲しいですね。トイレに長々立てこもるのも(笑)

 

来年はどんな年になるかはわかりませんが、

今年よりも革ジャンを作れたらいいなと思います。

誰がどうあれ、私は私の仕事をするのみです。

 

そして新人が入るとの事なので、できれば来年のブログは新人くんに引き継いでもらいたいです。

 

みなさま、本年もお世話になりました。

良いお年をお迎えください。

来年もよろしくお願いします。

 

お嬢

 

 

 



Silvet近況とお知らせ

2020-12-11 by 職人マサキ

 

今年は例年にも増してブログを更新できなかった一年であり、

多分一番よく働いた一年でもありました。

 

コロナ渦によりSilvetも仕事への取り組み方を変えたり、例年以上に試行錯誤しながら品質を守ることに徹しました。







プライベートでは、

もしかして3.0ぐらいあるんじゃないかと思っていた超絶視力だったのに

針穴が見えなくなってきたり(涙)

溺愛しているミケ(♀犬1歳半)があっという間に成犬になってたり、



免許証がゴールドになったのに、顔がテロリスト風情だったり、

お客様の予約が入らない日は地域のラグビースクールのお手伝いをしたりと、

人並みに地域貢献も考えられる45歳になりました。

 

そしてうちの職人お嬢は、この度めでたく人妻に!

旦那様が挨拶に来てくださいましたが、

なんだか娘を嫁に出す父親のような感覚になり、

その日の夜は、ずっとさだまさし先生の「雨やどり」を中心にさだエンドレスで

やや涙ぐんだのは言うまでもありませませ。

 

若者が、すごい汚い(すまん)ハーレーに乗ってやって来た。

そのタンクには手書きで「EVERYDAY試練」と書いてある。

実際、履歴書はどうでもいいのよ、

それをそこに書ける時点で気に入った。

大当たりか大外れかどちらかだろうけど、

コズルくなく、正々堂々真っ向から派手に失敗する奴が一番育つ。

業界のいろんな職人さんを見てきたから、

目を見りゃわかる。

 

顔が師匠に似ている所にも運命を感じ(笑)

新年から革ジャン職人見習いとしてスタートです。

 

 

1月の下旬に九州ドサ回りツアーします。

とはいっても現在は福岡県内、熊本、鳥栖を中心に回らせて頂く予定です。

日程的にはあと2名様分くらいの空きがございますのでお声掛けください。

 

価格変更の件も、既存のお客様はもちろんですが新規の方も年内にご連絡いただければ旧価格でやらせていただきます。

 

春ごろには宮城県に出張いたします。

近隣の方はお気軽にお問い合わせください。

 

年末年始の予約営業について

12/30〜1/3はお休みとさせていただきます。

※ご連絡いただければ遠方の方に限り対応します

 

 

 

 

 

【価格改正】2022年1/1受注分より

 

●SANDYフルオーダー

160,000→180,000

 

●ZOOEYフルオーダー

170,000→190,000

 

●KILLER-JOeフルオーダー

188,000→208,000

 

●ホースハイド 茶芯等の顔料仕上げ

33,000→¥36,000

 

【その他】

SHOULDER BAG各種

BOSTON BAG

TOTE BAGはこのタイミングで廃版となります。

 

HAIKAI-BAG

LITTLE HAIKAI-BAGは既製品のみの販売となりますのでご了承ください。

 

 

※過去に革ジャンをフルオーダーをされたお客様は型紙ベースがありますので現在の価格でお受けします。

 

 




一部オーダー価格改正のお知らせ

2020-11-20

 

10/1がSilvetとしてスタートした日なんですが、

気づいたのは、今日ですよ(笑)

ひと月半過ぎとるやないかい!

 

という毎日を過ごしています。

8年目を迎えて思うことは、

無茶だったなぁということ。

 

26歳で上京して修行して

決して若くない37歳で福岡にて独立しましたが、

コネもなく、下請けもやらず、

絶望的にしゃべり下手な、ただ作ることしかできない一職人がオリジナルブランドとしてやったわけですけど、

無茶というか無謀でした。

普通、独立する人は何らかの保険があるもんです。

バカでした(笑)

 

見つめる前に跳んでみようじゃないか

をモットーに、

「無理するなよ」の問いかけに

「自分、無理しなかったことないんですよ」と返す

やっぱりバカだからやってこれたのかもしれません(笑)

 

幸いも幸いに、

福岡、越谷、浦和と場所が変わっても変わらないお客様と取引先に恵まれ

なんとかスタッフを雇えて、メシも食えるようになりました。

何よりも続けることが一番の感謝だと思っています。

 

皮革でのモノつくりを生業とすることに決めて20年。

そして針穴がぼやけて見える45歳になりました

 

そろそろ革ジャン一本で勝負しようと、

よりライダースジャケットのフルオーダーに特化した工房にするべく

今回出した結論が

価格改正です。

 

実際に上がってはいますが、原材料の高騰とかありがちな事は言いません。

単純に作業工賃の見直しです。

作業量とSilvet独自の行程や素材の品質に見合った価格にしていこうと思います。

例え仕事を絞ってでも技術と素材の品質向上に努めます。

 

 

私が若いころには、職人だから給料は安いんだよ。と言われていました。

良いものを作ることより、それを売ることや知らしめることの方がはるかに難しいということは経営者になって初めてわかりました。

 

しかし、若者が夢を見れない職業に未来はありません。

Made in Japanを謳っていても、実際作ってるのは日本在住のアジアの人やん!みたいになってしまいます。

 

今後、工房の拡張と職人の育成を目標に、やっぱ違うよね!と言っていただけるモノ作りを続けていきたいと思います。

 

 

【価格改正】2021年1/1受注分より

 

●SANDYフルオーダー

160,000→180,000

 

●ZOOEYフルオーダー

170,000→190,000

 

●KILLER-JOeフルオーダー

188,000→208,000

 

●ホースハイド 茶芯等の顔料仕上げ

33,000→¥36,000

 

※過去に革ジャンをフルオーダーをされたお客様は型紙ベースがありますので現在の価格でお受けします。

 

 

コロナ渦で出張がままならない間に

九州地方の採寸希望のお客様が多くなりましたので

年明け1月の後半の出張を予定しています。

ご注文ご予約頂いているお客様には現在のコロナの状況も鑑みて近日中に日程調整の連絡をさせていただきます。

 

 

春頃には、宮城県大崎市、石巻市への出張を計画しております。

 

年末年始の予約営業について12/30〜1/3はお休みとさせていただきます。



MORE >>